飲食店はブラックが多い!?辞めた理由や転職についてまとめてみた

2021.5.29
新卒就職失敗のリベンジ byADK

飲食店の求人内容はどんな感じ?

飲食店に勤めている人の平均年収は300万円前後とみられています。20代で230万前後、30代で300万程、40代以上でピークとなる年収が350円前後です。これは主にホールスタッフや店長といった職種に該当します。

飲食店の経営者となるとまた別で、平均年収500万円以上稼げる可能性もあります。また飲食店専任のシェフや調理師免許を持っている場合も、飲食店の平均年収とは大きく異なる場合があります。

その他と比較した飲食店の位置づけですが、例えば飲食店が含まれる販売・サービス業界の平均年収は330万円程度です。事務系の職種で330万円、IT業界の平均年収は450万円程ですので、飲食店は全体的に見て平均年収は低めです。

平均年収が低めであるにもかかわらず勤務時間が長く、勤務日や時間帯が不規則で、特に店長クラスの人たちがいまだにサービス残業を繰り返しているところもあるのが現状です。

実際の飲食店の求人を見ていくと、月収自体は20〜30万という記載が多く、一見さほど悪くなさそうに思えます。ただしどんなに忙しく、長く働いたとしても掲載通りの金額しかもらえないということもあるので注意が必要です。

一般企業の求人は当たり前のように昼休みを含めて9時間拘束、週休2日、年末年始、夏季休暇有りという内容ですが、飲食店に関しては同じだと思って細かくチェックしないのは危険です。

一回の勤務時間が10時間以上と長い場合や、1ヶ月の休みが少ない場合、20、30時間の残業時間がみなし残業としてあらかじめ月収に含まれていることがあります。また飲食店は一般企業のようなボーナスがもらえない求人も多いです。

すでに飲食店で働いている人は、以上に挙げたようなことはわかりきっていることと思いますし、もっと過酷な環境だと認識している人、思っていたより悪くないと思っている人もいることでしょう。

給料に関しては大きく変わるところはないものの、働いているところによって労働環境に余裕があったり、忙しくても人間関係が良好であったりして恵まれている場合もあるので、全ての飲食店がブラックであるということは決してありません。

今回はすでに飲食店で働いている人達の転職について、また飲食店への就職を検討している人があらかじめ実態を把握できる一助、求人に応募する際の判断基準を確立ができるような内容を紹介していきます。

以下に飲食店の求人検索例をリンクしておきます。様々な状況での求人があるので、飲食店への就職を検討している人はぜひチェックしてみてください。

リクナビNEXT
TOWNWORK
indeed

飲食店の特徴と辞めた理由は?ブラックと言われる理由も紹介。

飲食店の特徴としては、スタッフ間で仲良くなりやすい、接客やコミュニケーションスキルが身に付く、タイムマネジメントができるようになる、料理の知識やスキルが身に付く等があります。

この項目では主にデメリットを紹介していくため、先にメリットと言える部分を特徴として挙げてみました。

飲食店は忙しい店舗であればある程、一人で切り盛りすることは不可能なので他のスタッフとの連携が欠かせません。

忙しい時間をみんなで連携して乗り切る状況が繰り返されると、自然発生的にコミュニケーションが生まれ、仲も良くことが多いです。

店長となると他のスタッフと別軸で行動しなければいけないことも多く、厳しいことを言わなければいけない場合もある等、仲良くなり辛いところもあります。

スタッフ間に関しては、一般企業の社員よりも飲食店の方が仲良くなりやすい傾向にあります。

ホールで働いている場合は接客は必須なので、接客の仕方、コミュニケーション能力、サービス精神等が身についてきます。

調理を担当していれば料理に関する知識やスキルも習得できます。店長、副店長、リーダー的な立場となればタイムマネジメント、スタッフの管理が必須になるため、それらのスキルも身につきます。

一方で飲食店を辞める理由、ブラックと言われる共通の理由があります。

一つは働く時間や残業代が曖昧という点です。もちろん開始時間や給料は決まっていますが、シフトの時間を過ぎても店が忙しいからと延長させられた挙句、残業代がつけてもらえない場合があります。

酷いところでは、リーダーや店長という立場を理由に時間前の労働や残業が全てサービスとなって給料が発生しないのが当然という場合もあります。

もう一つは正社員の正規の給料が中々もらえないという点です。アルバイト等を経由せずに直に正社員雇用で入社した際、研修期間があり、この間は給料が少ないことが多いです。

この研修期間は3ヶ月等と期間が決められているところもありますが、中には明確に定められておらず店長や本部の裁量によるものとなっており、一向に正規の給料にならないというところがあります。

また飲食店はコスト削減にシビアなところが多く、スタッフの雇用も最低限に抑えている傾向にあります。

余分な人数を考慮せずにシフトを組んでいて明らかに人数が足りない状態で多忙になったり、急な欠勤のために休みを返上して出勤する場面も発生しやすいです。

単純に収入が少ないという理由や、休みが少ない、土日に休めない、長期休暇がない、有給が取れないという理由、人間関係がうまくいかない、店長と折りが合わないという理由も良く見受けられます。

せっかくバイトから正社員になったとしても、仕事が急にハードになった、業務内容が増えたにもかかわらずサービス残業が増えたためかえって時給が悪ったという話もあり、これも辞める原因となっています。

飲食店への転職を検討している人は、これらの辞めてしまう理由に繋がらなさそうなところを選べるよう、口コミや実際に働いている人の体験等を聞いて事前調査しておきましょう。

またバイトから正社員での雇用を勧められている場合は、すでに正社員になっている信頼できる人にあらかじめ実態を聞いておくことをお勧めします。

以下サイトでは飲食店のメリットのみに絞って紹介されていました。ここまで紹介してきたブラックとされる理由の比較対象としてぜひ合わせてご覧ください。

働いている人は得している!飲食業界で働くメリット3つ

飲食店で得られるスキルは?

飲食店の仕事を経験すると接客スキル、時間やスタッフ、経営に関するマネジメントスキル、人材を育てる教育スキル、マーケティングのスキル等が得られます。また身体的にスタミナが付く、精神的に強くなるという面もあります。

キッチンの仕事ではない限り、店長であってもホールで接客を行わないと仕事にならないので、飲食店で働いている場合、接客のスキルは共通で得られます。

単純に料理を出したり、会計をしたりするのは必要最低限のことで、来店してきてくれた人が退店するまで気持ち良く過ごせるような対応をしていく気配りが必要となります。

一人一人へ偏りなく平等に接して、他のスタッフと連携しながら店を滞りなく回していきます。

トラブルやクレームが発生した際も解決に向かうよう時にはお詫びし、時には丁寧に説明をしながら、基本的にはまた来店してもらえるような対応をします。接客スキルと共に、精神的な強さも身に付けられます。

店によっては接客に関する教育システムがしっかり整備されていて、良質なサービス業の提供で有名な大手企業をモデルとした振る舞いが徹底されているため、どこに行っても通用するような接客スキルが習得できることもあります。

マネジメント系のスキルは、リーダーや店長・副店長になった場合に習得できます。マネジメント力は一般企業に就職しても経験を積んでいくごとに必要となる能力なので、役立つ可能性は非常に高いです。

シフトや仕入れ、事務的な管理だけはなく、雇っているスタッフの体調や精神面のケアをして人心掌握をしながら店を経営していきます。

立場によっては新人の教育を担当することもあるので、教育スキルを身につける機会もあります。

また飲食店ではマーケティングの視点、考え方も必要とされます。店長だけではなく、スタッフもその考えに沿って行動することがあります。

例えば時間や季節、曜日によって注文の多いメニューを分析して仕入れに反映させる、どうしてもシフトの薄くなる時間帯は注文可能メニューを減らす、アピールしたい商品のポップアップを作成する等です。

他にも席やレイアウトの変更で滞在時間を調整して回転率を上げる、リピートした場合の割引サービスを作る等、たくさんあります。

大手チェーンの場合は本部から降りてきた内容を実施するのは必須となりますが、各店舗に裁量を委ねられている部分は店舗のスタッフが工夫をして実施していきます。

その他に飲食店で得られるものとしては体力面があります。立ち仕事は思った以上に体力を使います。それを毎日、長時間繰り返しても大丈夫というスタミナはスキルの一つとも言えるでしょう。

またキッチンで働いている間に調理師免許を取得することや、コーヒーショップの場合はバリスタやスペシャリストの資格を取得できる場合もあります。

店によっては接客技術を競うコンテストが開催されるところもあります。

以下に有名なスターバックスのコーヒーアンバサダーについての紹介がありました。今回の趣旨とは異なりますが、興味がある人はぜひご覧ください。

コーヒーアンバサダーになるには?仕事内容・給料・必要なスキルなど

異業種への転職は可能なの?

飲食店からの転職を考えるきっかけは、収入面や長い勤務時間、人間関係のもつれ、体力的な辛さ等が挙げられます。

転職先として入りやすいのは同業ですが、同じことの繰り返しになってしまうのではないかと中々踏み出し辛いものです。

そのため異業種への転職を検討する人も少なくないことでしょう。異業種となるとほぼ未経験の状態となるので、未経験を募集している業界を狙っていくことをお勧めします。

飲食店を除くと、未経験の募集が多い業界としては配送、農林水産、福祉、営業、建築、IT等があります。人手不足が慢性化している業界が多く見受けられます。

求人によっては、条件が厳しくてすぐに人が辞めていってしまうために未経験の募集が多いというものもあるので、飲食店にいた方がまだマシだったという結果になりかねません。

未経験の求人にすぐに飛びつかず、事前の企業調査をしたうえで、飲食店を辞めた理由を繰り返してしまう可能性がないか見極めてから応募しましょう。

業界の業績が良いため、業界的に人物重視での募集をしているので経験を問う必要がない、研修システムが充実しているので教育できる自信がある等、理由は様々なので、そういった本質を見ていくことが重要です。

飲食店からの異業種転職におすすめな職種がまとめられている記事があったので、参考にご覧ください。

おすすめな飲食店からの転職先3個
飲食から転職するには?未経験からでも活躍できる職種・業界を公開!

飲食店での経験を生かして、これからは無理なく働いていこう!

飲食店で大変な経験をしていると、辛かった原因を全て払拭して全く違うことをしたくなる人もいることでしょう。

もちろん転職先でも同じことを繰り返してしまったらまた辞めてしまう原因になるので、その要素が見られる求人は避けなければいけないですが、習得できたスキルもあるはずです。

飲食店を通して得たスキルは一般企業では得られない貴重なものも多いので、ぜひ生かせるような転職先を探してみてはいかがでしょうか。

最後にアルバイトと正社員の違いについて述べられていた記事のリンクを紹介します。

特にこれから飲食業界を目指す人はいまいち違いについてピンと来ていない人もいるかもしれないので、その場合にはあわせてご覧ください。

知らないと損!?飲食店のアルバイトと正社員の違いとは??